フルタイムワーママの時短メイク研究室

30歳、子持ちフルタイム会社員。メイク以外も、家事育児など、あらゆる分野で「効率化」「時短」追究中。

オリジナルアイシャドウパレット錬成術。

先日メルカリで購入したデパコス様、

エレガンスのヌーヴェルアイズ アイシャドウ。

宝石のようなゴージャスなパレットに一目惚れして、

カラーのことをよく調べず、状態良好で安価な中古パレットを適当に購入。

 

春も近いしピンク系のカラーがいいなと思って選んだのは04のカラー。

 


f:id:shatachan:20190205231434j:image

 

実物を手にとったら…想像以上の可愛さでテンション上がる!

 

が…ウキウキの状態で色を目に乗せてみたところ…

 

…?

 

色…乗ってます?

 

なくらいかなーーーーーりの薄付き。

すっぴん風メイク!とか、清楚風メイク!に使われそうなカラー。

 

購入後に調べたら、公式でやさしい女性らしいカラーとして紹介されていたようで。


f:id:shatachan:20190205231501j:image

 

右下のピンクは中間アクセントカラーかと思いきやまるでほんのりピンクなハイライト。

右上のブラウンは締め色かと思いきや中間カラー。

左下のティーローズに至っては、色がついたのかどうかがわからないレベル。

 

左上のシルバーは最高の上品ラメ。気に入った。

 

若くて清楚系な子なら似合うと自信を持って言えるのだけど、

思いっきり子持ちの自称バリキャリ30歳。

すっぴん風ナチュラルメイクをするくらいなら別にすっぴんでいいや、という種族。

 

このままではお蔵入りしてしまうのは確実だったので、

 

・再度メルカリに出す

・大学生の従姉妹にあげる

・オリジナルパレットを錬成する

 

という選択肢の中から、

オリジナルパレットを錬成してみました。

 

オリジナルアイシャドウパレットを作ってみた

とりあえず、綺麗なシルバーラメと中間ブラウンは残して

下2色をキャンメイクのギラギラピンクラメに置き換えることに。

 

f:id:shatachan:20190205213514j:image

用意するものはこちら。

 

f:id:shatachan:20190205213541j:image

・エレガンスのアイシャドウパレット

サランラップ

・爪楊枝

・ウエットティッシュ

・代わりに入れたいアイシャドウ

・(代用シャドウが粉っぽいなら)化粧水

 

では早速やっていきます。

 

1.爪楊枝でいらないカラーを掻き出す
f:id:shatachan:20190205213553j:image

これでメルカリ出品の道が途絶えてしまいました。

 

サランラップを敷いて、その上に爪楊枝でガリガリ掻き出す。

この作業、最初は勿体無いと感じるけど、やってみると案外気持ちいい。

 


f:id:shatachan:20190205231616j:image

このくらいまで掻き出します。

もはや空っぽ。

 


f:id:shatachan:20190205231642j:image

ウエットティッシュで拭いて綺麗にします。

 

掻き出したパウダーはサランラップの上で少し保管しておくといいかも?

 
2.代わりとなるパウダーを入れる

 

左下の無色を掻き出した後にピンクとブラウンを改めて手の甲に乗せてみたら…

 

このピンク、ピンクとして使おうとしていたから不満だったのであって、

ハイライトカラーとして乗せるとめちゃくちゃ可愛いんだけど。

 

というわけで、急遽路線変更。

 

右下のピンクはハイライトとしてそのまま残し、

左下に手持ちのExcelスキニーリッチシャドウ04の締め色を入れることで、

ハイライト・中間・締め・ラメが揃った使えるパレットにすることに。

 


f:id:shatachan:20190205231654j:image

 

こちらもゴリゴリ爪楊枝で削っていきます。

 


f:id:shatachan:20190205213641j:image

ある程度削ったら、エレガンスパレットの空いた部分にポイ。

 

また飽きる可能性を考慮して、少なめにしてみた。

このピンクとブラウン、若干ブルベ向けな気がしているので、ラメ以外消える可能性がある


f:id:shatachan:20190205213655j:image

粉々になったエクセルの上にラップを乗せ、

指で真ん中から全体を、

爪楊枝の太い側で周りを上からギュッギュッと抑えてパレットに固定。

 

エクセルはしっとりした粉質なのでそのままで固定できるけど、

パサパサしたパウダーシャドウの場合、化粧水を1,2滴垂らして爪楊枝で混ぜてから固定するといいかも。

 

そして…

 

完成〜!!!


f:id:shatachan:20190205213706j:image

これ、もしかしてなかなかいいんじゃない?

 

飽きたらまた中身を解体して、

持ち運びパレットとしてリップバームやクリームチークを入れても良さそう。

 

 

おまけ

削り取ってラップの上に放置されたティーローズの使い道。


f:id:shatachan:20190205213724j:image

百均のトップコートを用意します。


f:id:shatachan:20190205213736j:image

いらない紙を使ってボトルにパウダーを入れていきます。


f:id:shatachan:20190205213750j:image

爪楊枝で混ぜます。


f:id:shatachan:20190205213800j:image

ほんのりラメ入りティーローズマニキュアの完成!

 

多分パウダーの量的にシアーすぎるくらいシアーなので、

今度別の色も削ることになったら追加投入してみます。

 

 

手持ちのデパコスシャドウが合わなかったり底見えしたりしてしまったら、

捨てて買い換えるも良し、メルカリに出すも良し。

 

だけど、ほんの20分でこんな自分好みのカスタムパレットが出来上がるので、

自分に似合うプチプラコスメを詰め合わせてみても良いのでは。

 

 

ちなみに、あまりの薄付きにびっくりして思わず百貨店のショップへ行き、

他のヌーヴェルアイズカラーも試してきてしまいました。

 

04以外、普通に発色良かったわ。ピンポイントで引いたみたいです。