子育てしながら開発エンジニアを目指す主婦ブログ

30歳、子持ち主婦(無職)。Pythonエンジニア目指して学習中。勝間和代さんリスペクトな人。その他→美容、減量、家電、断捨離

何故、我が家の家計は(目標と比較すると)赤字続きなのか?

我が家は、30代会社員夫、30代無職妻(雇用保険給付期間中)、0歳娘の3人暮らし。

世帯収入は、夫の給与と妻の雇用保険で、合わせて月40万程。

 

こう書くと、月手取り40万って結構もらってるなぁ…という印象なのだけど、

実際は「結構もらっている」感覚は殆どない!

 

その理由について考えてみた。

 

  1. 「生活費」勘定だけなら、実はそこまでかかっていない(目標±3万)
  2. 夫の「固定費」が大きい→奨学金、バイク維持費、他
  3. 妻の「交際費」が大きい→特にギフト(結婚祝い・出産祝い等)が多い
  4. 娘の「被服費」が大きい→だって可愛いんですもの…
  5. 家庭での「これがあったらQOL向上する!」臨時出費が大きい

 

うーん…。見直さないといけない部分が多そうですね?

 

ちなみに、今月まだ8日目だけど、妻の交際費は2万円を突破。

内訳は全部友人2人の出産祝い。友人と遊びに出かけた回数は今月はまだ0回。

 

出産・育児前と後で、友人に贈るものが大幅に変わってしまった自覚はある。

 

以前は、欲しいものを聞いて贈ったり(あまり高いものはリクエストされない)、

ネットで「出産祝い 友人」とかで検索してヒットしたものを買ったりしていたから、

最初から予算ありきで、予算をオーバーするようなことは殆どなかった。

予算にして、4~5千円前後ってところかな。

 

それが、自分が出産してからは、

 

「たまごクラブやひよこクラブには載っていない、

 実際に自分で使ってみて良さをしっかり感じ取った、

 【育児の必需品】ではなく【育児を大幅に楽にしてくれる贅沢品】」

 

を積極的に贈りたい気持ちになった。

 

そして、そうしてる。

そして、その結果が家計簿に反映されている。ウグッ

 

絶対に喜ばれる自信はある。

が、今の収入に対しては大きすぎる出費である自覚もある。

 

近々、ちょっといろんなものを見直さないといけないな。